[トップページへ] [←前のページへ] [→次のページへ]


HTML文書をメモ帳で作ってみよう

第02回:HTML文書をメモ帳で作ってみよう!2:HTMLの基本構造その1

少しだけ難しいお話

前回、簡単な文章を書いて、HTML文書として読むとどういう風に見えるのか、というのを少しだけ紹介しました。
いろんなHTMLの解説サイトでは、いきなり「こういうタグを付けると、こういう風に見えます」というのをやっていると思いますが、それより少し前の、「タグって何?」からいきましょう。

HTMLは、開始タグ、終了タグというもので文章を囲むと、その中に挟まれた文章が囲まれた意味づけをされたことを示します。
…ものすごい難しく言ってしまいました。
例を見ながら、ゆっくりいきましょう。

次の様な文章を書いたとしましょう。

これはぼくの作ったHTML文書です。
見えるかな?

前回使った文章ですね。少し変更してみます。

これは<b>ぼくの作ったHTML文書</b>です。
見えるかな?

<b></b>というものを追加してみました。なんだろう?と思うでしょうが、 <b>が、タグの始まりを、</b>がタグの終わりを表しています。
実際にこれをInternetExplorerなどに読ませてみると…

これはぼくの作ったHTML文書です。 見えるかな?

と表示されます。太字で表示されるようになりましたね。
<B>は、「囲んだ文章は太字で表しますよ」ということを言いますが、太字であることよりも「開始タグと終了タグで囲んだ内容は○○だよ」ということを覚えてください。
タグの中に書く文字のことをエレメント(要素)と言います。ここでは「B」ですが、書くときは大文字でも小文字でも構いません。ここでは説明文では大文字を、実際に書くときは小文字で示すことにします。 [補足]

これと同じように、「この文章は”HTML文書”ですよ」という事も言っておいた方が、解釈する側から見たらとても助かる事です。
「HTML文書ですよ」、と示すための要素は<HTML>です。
また、「ここは”実際に本文を書く部分”ですよ」と示すための要素は<BODY>ですので、これもあわせて覚えましょう。

<html>
<body>
これはぼくの作ったHTML文書です。
見えるかな?
</body>
</html>

実際にこの文章を保存してブラウザで読んでも、表示される内容は全く変わりません。
しかし、こういった表に見えない情報をきちんと書き込んでおくことが重要なのです。
これで、すごく簡単ですが「HTML」の基礎の基礎あたりはマスターできたのではないでしょうか。
わかりにくければメールや掲示板などでご質問下さいね(^^;

ちなみに、BODY要素とは言いますが、BODYタグとは言いません。BODYの開始タグ、BODYの終了タグという事はありますが、BODY等は「要素」であって、「タグ」ではないのです。
間違えないようにしましょう。英語でelement、日本語訳はタグでは無いのです(笑)

次回は要素にはどんなものがあるのか、良く使う要素について取り上げようと思います。

Author: tkm / せかんどすたいる

[トップページへ] [←前のページへ] [→次のページへ]