[トップページへ] [←前のページへ] [→次のページへ]


HTML文書をメモ帳で作ってみよう

第03回:HTML文書をメモ帳で作ってみよう!3:HTMLの基本構造2

第二回の補足のお話

前回、「要素」について少しだけやりましたね。
HTML、BODYだけとりあえず書いてみました。

今回はそれ以外に良く使う要素を紹介しましょう。

HTML,BODYと並んでHTML文書の核となる要素に、HEAD,TITLEがあります。
HEADは「この部分はヘッダ情報(文章以外の情報)が書いてあるところですよ」というのを示す要素です。
TITLEは、そのページのタイトル名を示すための要素です。もちろん本文ではありませんから、TITLE要素はHEAD要素の中に配置します。

前回のものに、HEAD,TITLEを追加したものは、以下のようになります。

<html>
<head>
<title>
テストページ</title>
</head>
<body>
これはぼくの作ったHTML文書です。 見えるかな?
</body>
</html>

こうすると、TITLE要素で囲んだ内容によって、ブラウザのウィンドウのタイトルバーに表示される文字が変わります。
ブックマークや、お気に入りに追加する場合に、このタイトルがあるとページを見つけやすくなりますよね。

そして、第一回で「改行したのに改行されていないように見える」というのをやりましたよね?
実は、改行するための要素を入れる必要があったんです。

改行したい部分に<BR>を挿入します。
あれ?開始タグだけでいいの?終了タグは?と思うかも知れませんが、BR要素は特殊で、終了タグを必要としないのです。
普通に考えれば、<BR></BR>と書きそうですが、開始タグと終了タグの中に文章を含む必要がないので、終了タグを書かなくて良いんです。 [補足]

では、これを上のHTML文書に追加してみましょう。

<html>
<head>
<title>テストページ</title>
</head>
<body>
これはぼくの作ったHTML文書です。<br>
見えるかな?<br>
</body>
</html>

これで、とりあえずページの内容を作成する準備が整いました。後は、BODY要素内にどんどん内容を追加していけば良いのです。
あとは、画像は?他のページにジャンプするには?といったことがありますが、それはまた次回…。
今のうちに文章を練っておくのも良いでしょう。

Author: tkm / せかんどすたいる

[トップページへ] [←前のページへ] [→次のページへ]