オリジナルアーカイブ作成のススメです。

えーと、難しくタイトル付けてますが、要は今のあなたのパソコンの再インストールをするときに面倒でないようにするための1ステップです。
今回はなるべくパソコン初心者でも扱いやすいように注釈重視で。というか自作派の人でなければリカバリCDとかがありますか(^^;
対象とするのはwindows95/98/Me/2000辺りで。XPは触ってないのでひとまず除外で。

最終的な目的はOSのCDと、このオリジナルアーカイブだけあれば元の環境に戻せる事です。さすがにOfficeなどは無理ですが、下地だけでも1ステップで済ませられます。
デメリットというか、弱点として常に最新とは限らない、作るの大変とかありますが…。

まずは事前に再セットアップに必要な物をリストアップしておきます。
基本的にコレと同じ物が必要です(^^;

1.情報収集

ひとまず、webの世界に飛び出します(笑
手元にあるCDやFDに入っているドライバは最新の物でしょうか?そうでなければ最新版、もしくは安定している物をダウンロードしてきましょう。

ドライバ以外に、セットアップに必要な物が他にもあります。今のうちに揃えておきましょう。リストアップすると

こんな感じでしょうか。
ひとまずこれで準備完了です。

2.まとめる

自前の物の例です。

まずは一通り揃ったドライバCDや、DirectXなどのファイルをそのまま1枚のCD-R等に焼き込めるか考えましょう。
650MBとか700MBを越えたりしなければそれでそのままCDを作成してしまっても良いのですが…

ワタシが実際に使っている物だと、右の様になっています。
実際にはドライバCDからの詰め合わせ(_Drivers,_Drivers9x)、フリーソフト詰め合わせ(分類して)(Archiver…,WAV…,インストール…,ネットワーク…) 展開済み・セットアップ形式になっているソフトなど(IEなどのセットアップファイルですね)(ソフトウェア)、 セキュリティ系アイテム(セキュリティパッチ/ウィルス)、 DirectXなど、ランタイム系(System…)

最近だとフリーソフトなどは展開したフォルダのまま収録してしまいます(「設定のバックアップとか。」に)。展開の手間が必要無いですし。

自前の物の「設定の…」内です。

で、スタートメニューツールバーフォント「送る」メニューをカスタマイズしている人は、それも引き継げたらなぁ…とか思いませんか?
そういったときに一通りココに揃えて一枚のCD-Rに入っていれば、わざわざ沢山のCDを引っ張り出してフォント探さなくて済みます(w

で、さっきの展開済みのままよく使う物についてはsoftsに入れてあります。

3.オリジナルアーカイブ作成

準備ができたらさくっとCD作成しておきましょう。いつパソコンが起動しなくなった場合でも慌てず対処出来ることでしょう。
windows9x系だと、ドライバCDどこやったかなぁというのを1枚で済ませられてお得です。

必ずしもCD-Rなどを作成しないといけないわけではないですが、起動ドライブと物理的に別のハードディスクの中に置いてあっても構いません。起動ドライブが仮にフォーマットされても大丈夫な場所であれば(笑

4.後から追加するときは…

ドライバやフリーソフトだと、新しい物を入れて古い物を消す、と言う具合にしていけば常に新しいアーカイブになるかと思います。
セキュリティパッチなどは累積する物とかありますのでメディア容量との折り合いをうまくつけて入れましょう(^^;

アーカイブは「書庫」って言う意味なので、自分用のデータ倉庫と言う意味で用いてみました。個人的には気に入って居るんですがね(^^;

Author: tkm / せかんどすたいる